愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

スプレー好きなタイプの日焼け止めをケチケチしながら使ったらまだところに日焼けして涙しました。

日焼け止めはメイクの下地として使っていたので、長らくジェル好みを使っていたんです。でも、最近薬局のショップに行われていたガラポンで噴流好みの日焼け止めが当たったので使って見ることにしたんです。よく振ってから取り扱うケースと、面持ちに塗る時はコツにつけてから塗り付けるように書いてあったんですが、生まれつきがケチっぽい本質のわたしは、その二つの批判を守らないで使ったんです。だって、面持ちに塗りつける前にコツにつけたら、コツに置き多分無益だと思ったし、よく振ったらなんだかその分余計に減ってそうな気がしたんです。当たったのが最近年の夏季の初めあたりだったので、用い始めて数ヶ1箇月たちました。ところが、どうも近頃鏡を見ると自分の面持ちが妙な感じがするんです。灯の当たり気遣いでいつもと違って言えるのかなと思っていたんですが、どうもそうではなかったようです。デパートのきれいなトイレで、化粧を直していたところ自分がまだらに日焼けしているという体験を発見してしまいました。デコルテの部分の日焼け止めが汗で落ちてそこだけ日焼けやるというのはよくあったんですが、顔面は初だ。いつも右から噴流していたのが丸わかりというかよく振らずに噴流していたので、右だけ日焼け止めが薄かったようで、噴流をかける順位が早いほどに日に焼けています。現下ファンデーションさえ汗で落ちなければ、ごまかせますが、最近年の夏は必要すっぴんになれないだ。闇金の問題を解決したい

    

windows10になった途端に効率が落ちて仕方がないので、落ち着くまで職場をしばらく休みたいだ。

「windows10になったら使いこなせない」という人間があまりにも多いので、新規のPCを購入するときもわざわざwindows7を購入していたわが店舗だ。ちなみに事務系の店舗なのですが、windows98の階級から今一つPCが使いこなせなかったのに首にもならずに店舗にい続けている人間の配分が多いんです。能率云々さえ無視すれば、下っ端本心の宜しい店舗ではあります。ウインドウズ7でさえも、エクセルの関数一門変更するのに総務の使用人は呼ばれて業務にならなかったんですが、この度強制的にwindows10になったり、そもそも新規に購入出来るPCの便覧にwindows10しかなかったりで、PC使えない組織にもwindows10の洗礼が行くことになったんです。修羅場だ。総務の使用人にいるんですが、終日呼ばれっぱなしだ。自分の客席にいらっしゃる年月よりも他部署の他人間の客席でPCの解説をしている時拍子の方が長いだ。最近は大分マシになりましたけど、一頃の午前なんか本当に大変で、誰かが勤務するたびにメイルの調査ができないと雄叫びを売るような日毎でした。挙げ句の果てには退社ところ「PCの落とし方がわからないから来てくれ」と呼ばれる後片付けだ。確かにPCの供与は総務で一括してするが、そのあたりの制限とか働き手の難題は各部署で見てほしいんですが、大人間のバックグラウンドでそうもいかないらしきんです。どうせ業務になんかならないので、みんながPCの管理を得るまで勤務邪魔目指すだ。整形なしで二重になりました!

    

キャリア書を書くのがめんどくさくなって、端末で打ったものを送ったら、ハロワから注意された件。

中身書って手書きじゃないと禁忌らしいです。端末で中身書打って送付したら、職安経由で「手書きのものを送り直してくれ」的ことを言われました。職安の役目者ちゃんの目がかなり癇に燃えていたので、ことの役目者から相当嫌味を言われたんだと思います。でも、そんなに手書きの中身書じゃなきゃダメな道理ってなんなんでしょう。職安の役目者ちゃん曰く「手書きの中身書じゃないと、いたたまれないことがあると当てはまるから手書きがいいよ」ということなんですが、手書きじゃないと後ろめたいことがあるっていかなることでしょう。「手書きの言葉を確かめる結果正式人間の役割に対する考えや、人物がわかるのに、それをわざわざ端末で打って来るということは、筆跡を隠したいからです」と当てはまるかららしいです。端末で中身書を作っただけでサスペンス劇場の犯人間みたいな準備を受け取る世の中ってなんなんでしょう。ことの役目者のの場合には古くさい人間がいて、「手書きで書いた方がステップも手早いのに、わざわざ端末使って面倒な想定をして中身書仕立てるなんてよほど裏側物悲しいことがある」とおもう人間がいるらしいんです。らしきんですけども、現時点、ウェブページで中身書のフォーマットも手に入るというのにそう言う考え方は無いんじゃないかと思うんです。でもまぁ、せっかく金額待遇のいいポジションの会見に端末中身書で赴きそびれたので、次回から手書きで中身書書くんですけどね。マッチブックという恋活アプリがおすすめです。

    

「可愛いと思ってたんだ!」小松菜奈さんの魅力とこれまでのコト

2014年に映画「バクマン。」でヒロイン亜豆美保役をつとめたことから、一躍有名となった小松菜奈さん…存在感のある個性的な風貌から「モデル出身ではないか!?」と感じた方も多いと思います。その通り、元々はファッションモデルで私が出会ったのは「haco.」という通販のカタログからでした。そのクールな表情から想像できない可愛らしい笑顔・完璧すぎるウインクに虜になりました。出来れば私も整形なしで二重になれればと思ってます。

2012年に椎名林檎の「自由へ道連れ」のプロモーションビデオにも出演されサブカル路線から徐々に人気を博すようになりました。
CMではダイハツ「ムーヴ」のCMで「トリセツ(ロボット?アンドロイド?)」役で出た時もなかなかハマり役でしたね。クールかつ自然体でもユーモアがあったり、ディレクターやスタッフに恵まれたり芸能界でも愛されているのかな?とすら感じます。
女優として出演された映画「渇き。」では、ミステリアスで美しくも残酷な女子高生役を演じきったことでマニアック路線の方にも話題となりました。
モデルからCM、CMからPV…そして映画への出演・主演へと、着々と有名になりました。
等身大の小松菜奈さんはいたって普通の控え目な女の子で緊張しやすいのか、インタビューで垣間見る一面はいまどきの女の子そのものでした。癒し系の笑顔に素直な発言、そのギャップがまた魅力的なんです!いまでもコンビニで雑誌の表紙をかざったりすると思わず目を引きます。今後も彼女の活動に注目しています。

    

電子コミックのメリット

今や、電子書籍は現代人の私達の市民権を得た感じですが、それに伴い電子コミックも若者中心に浸透したと言っても過言ではありません。

やはり、メリットが大きいからだと思いますが、今回はそのメリットについて掲載させて頂きます。

まず、その最大のメリットは電子であるので端末さえあれば誰でもどこでも気軽に読めると言うことです。お気に入りの作品をダウンロードして、すぐに読めるのは特に若者には魅力があるようです。そして、いわゆる紙の本とは違った読み方が出来るのもメリットのの一つ。画面を指でスクロースしながら、自分のペースで読みやすいように読める、それは紙のコミックでができない醍醐味ではないでしょうか。

さらに、最近ではダウンロードできる漫画の多さです。いろんな作家の方の本が読めるようになってきているので、本屋に言ってお気に入りの本がみつからないなんていう苦い経験も、電子コミックでは心配ご無用かと思います。

中には無料コンテンツも多くありますので、電子コミックデビューし易いのではないでしょうか。アマゾンなどのネット通販業界も電子コミックに参入してきているので、今後益々楽しめる幅が広がっていき、若い世代に関係なく、老若男女問わず楽しめるようになっていくように期待したいです。

ただ利便性が高まった背景に紙媒体の発行数が激減してしまった中で印刷業界の人達はかなりの苦汁をなめている状態だと思います。いまこの時が変革の時代だとは思いますが、対応に苦しんで会社をたたむ中小の印刷会社も多いはずです。

便利な世の中とは大小に昭和の時代から支えてきた人達を苦しめるという事を考えながら今を感謝するべきだと今の人達に伝えたいと私は思います。

    

女の子ならみんな大好き!ピーチジョン!

下着って人にみられることはないけれど、可愛い下着を身につけているとなんだか自信がわいてくるのが女の子ってもんですよね。
私が愛用している下着は、女の子ならみんな知っている、ピーチジョンのものです。
ピーチジョンってお店に行くとわくわくするんですよね。
ピンクとブラックの可愛いストライプが女子力を高めてくれる気がするっていうか。
ピーチジョンはとにかく下着のデザインがステキなものばかりなんですけど、それだけではないんです。
働く女性のために付け心地の良さを追求した設計になっている商品とか、大きい胸・小さい胸の人それぞれにあった形になっている商品とか、企画力が半端ないんです。
私もピーチジョンの数ある商品の中から、お店でいろいろ試着して自分に一番合うタイプのブラとかを見つけました。
私は胸があんまり大きくないので、小胸さんに向けた、小さくても谷間が出来るやつを愛用しています。
フリルが付けていたりレースが付いているものもあるし、ベーシックな色でつるんとしたTシャツの下に付けれるブラとかもあるんです。
こうやって女の子の心をつかむ商品をこだわって作ってくれるっていうのが嬉しいですよね。
生理用のパンツって可愛いものが少なかったりすると思うんですが、ピーチジョンには普通のショーツと同じようなデザインの可愛いものがありますよ。
しかも昼用と夜用と別々に作られてるやつがあります。すごいですよね。
彼氏にも、ピーチジョンの下着は好評で、いつも可愛いねって言ってもらってます。
ピーチジョンには下着を収納するためのグッズまであるんです。
ブラやショーツをたんすの引き出しの中に収納するときの箱のようなもの。
柄も可愛いので愛用しています。
女の子ならピーチジョンの下着、一枚もっていてもいいのではないでしょうか。

バストアップに最適な補正下着はアイリーバストアップリフター

    

俺得修学旅行の思い出

55年程前のことなのです。高校2年生の俺得修学旅行で日光の方面にバスに乗り行ったのです。

四国の松山から10台位のバスをつらねての大掛かりな旅行となりました。松山商業で、昔から野球の強い「松商」まっしょうの団体行動なのです。

野球部で活躍している男の子は、クラスで2人くらいはいました。同じクラスに私が初めて恋心をもった人がいたのです。修学旅行中、なぜかバスの2人掛けの椅子に座れる事が多かったのです。彼の横に座るだけで、どきどきと嬉しいために、胸がときめくのです。

私の純情な時もあったということなのです。

その頃お互いが好きということが、なんとなく伝わっていて、その直後に修学旅行があったのです。お互いの気持ちが友達から伝わって、その直後修学旅行となり、タイミングとしては良かったのです。

私は何故か不良ではなく、不良っぽい人がすきでした。彼はあまりお喋りはしないタイプです。2人だけになるとお話は楽しくする人です。

そんな彼が好きで好きでたまらなく、私の初恋は、俺得修学旅行を原点としてお付き合いが始まったのです。

現在の私は、お友達もつくれるような人間となりましたが、その頃の私は、意思の疎通が下手なのか、お友達をつくることは苦手でした。
ですから俺得修学旅行で彼と行動できることは、とても楽しくまたせつない気持ちで思いでとなったのです。

あれから数十年の年月が経過してしまいましたが、その初恋の彼は今何をしているかとたまに考えてしまう事があります。これは好きとかではなくただ興味が湧いているだけであって今の主人の事より初恋の相手の事が好きという浮気心ではないのでご理解ください。

参考:俺得修学旅行|姉の同級生とあんな事やこんな事

    

我が家の姉弟

我が家の姉弟は弟が生まれて時に一番最初に父母以外で弟を抱っこしたのが姉でした。それからというもの毎日毎日弟を抱っこしていた姉です。姉と弟は三つ違いなので、姉が幼稚園の年長さんになった時には、弟はまだ年少さんの一つ下のクラスに姉が卒園するまでの半年間お世話になりましたが、とにかく姉と離れてしまうと泣いてしまうので、年長さんのクラスに弟の席を設けてくれて、そのクラスでマスコットのようにかわいがられていたそうです。写真などみてもちゃっかり年長さんに交じって写っていたりしました。二人だけの姉弟なのでとても仲良く過ごしていましたが、どんどん大きくなるに連れてお互いけなし合ったりといつも口げんかが絶えません。しかし二人ともサッカーをしていることもあり、喧嘩しながらも二人で外でボールを蹴ったり、そして家では姉が歌を歌いだすと、必ず弟も参加して歌い始めたりとなんだか仲がいいのか、悪いのかよくわからない姉弟関係です。この先もどんな展開になるかまったく先の読めない二人ですが、姉弟はこの世の中に二人だけなので、仲良く力を合わせて生きて欲しいと思います。笑い話がひとつ、なぜか弟の生徒手帳のメモのページに姉の名前が走り書きのように書かれているのには少し笑ってしまいました。なぜ?なんて思って。もしかして身近に淡い恋心を頂いていたのかもしれません。この参考でも実際に姉の事を大好きになってしまった弟の葛藤が描かれており、かなり興奮するかと思いますので併せて注目してもらいたいと思います。

参考 姉のカラダに興味津々な弟くん | コミックのLes Saloniers

    

スキー旅行

高校の俺得修学旅行で長野の志賀高原にスキーをしに行きました。
名古屋まで新幹線で行き、長野までバスで向かいました。バスガイドさんがかわいくて一緒に写真をとってもらったことを覚えています。社内ではカラオケなどで盛り上がりました。
1日目は移動だけで終わり、ご飯を食べて温泉につかって寝るだけだったのですが、移動で疲れているはずなのになかなか眠りにつけなかったのを覚えています。私は枕が変わると寝れないタイプでして・・・周りはいびきをかきながら寝ているのに自分だけ寝れないのはとても寂しかったです。
次の日からは、インストラクターの方にスキーを教えていただきました。インストラクターの方が女性でこれまたかわいい方でした。
私は上達が遅く個人レッスンをしていただく羽目になりました。とてもかわいい方だったので個人レッスンはうれしかったです。2日か3日レッスンを受けましたがボーゲンができる程度くらいにしか上達しませんでした。最終日にインストラクターの方々がモーグルを披露してくれたのをみて、とてもかっこよくて感動しました。
帰りは又名古屋までバスで行き、名古屋から新幹線で帰ってきました。スキーの俺得修学旅行でしたが、自分には向いてないなと確信しました。
とまあ部屋の片付けをしていたら思い出の写真などが出てきたので昔の俺得修学旅行を読んでみたらこういう事が書いていました。仕事に追われた現在と考えてみるとあの頃の自分は非常に楽しんでいるなという感じがしてなりませんでした。できる事ならその楽しい思い出だけ戻り値と思いましたね(笑)

    

読んでいる「曇天に笑う」について

「唐々煙」さんという先生が描いている「曇天に笑う」という漫画を読んでいます。舞台は明治時代の琵琶湖、そこに浮かぶ監獄への渡しを代々務めている神社の三兄弟の物語です。読み始めたきっかけは本屋で平積みされていたこの漫画の表紙です。余計な背景がなく表紙に描かれたキャラクターがグッと目を引くようで、色もマッドに塗られているのに平面を見ているようには見えない、今まで出会ったことのない表紙でした。話の出だしは逃げ出した護送中の犯罪者を、劇中における主人公であるところの三兄弟が追いかけて無事に捕まえるシーンですが、とにかく疾走感を感じるような絵のタッチでまるで動画を見ているようだと思いました。すでに全6巻で完結している作品ですが、物語を読み進めていくごとに兄弟愛や人情、友情、男女間の愛情までが詰まった、読み終わったときに幸せな気持ちになれる作品です。地域と自分の大切な人を守りたいと思い奔走する三兄弟、作中では敵として登場するキャラクターもただ悪いというわけではなくそれぞれにやまれぬ事情を抱えていて、読む人によっては好きなキャラクターがかなり割れるのではないでしょうか。意外な展開の後も「なぜそうなったの?」で終わる部分がなく、伏線の回収もしっかりとしてくれて読んでいて楽しい漫画です。

    
サブコンテンツ

このページの先頭へ