コミックのコンディション

紙のコミックだとやはり劣化します。沢山の人達に触れられているので手の油などが紙に付着して変色や耐性が下がってしまうのです。つまりコンディションの低下に繋がるわけです。できれば電子コミックを今後は取得しておいた方が部屋に置く空間も狭くなる事なく、また一つのスマホやタブレット端末で大量のコミックが確認できるのです。

一方でやはりコミックは紙の素材で一枚一枚を手でめくりながら本を読むというのが好きな人も多いのは事実です。もちろん、劣化するのもひとつの味と考えているからです。

個人的な主観からすれば劣化を恐れず、また電子端末で何冊も読めるという利便の高さから電子で読むコミックの方が良いと思います。そういえばあの雑誌のあの記事よみたいなとどこだっけと探すだけでも一苦労が電子端末であればさくっと検索をかければ見つけてくれるという流れが楽ですよね。

ただ、もしこの電子コミックの方に主流となってしまうと漫画喫茶などのお店は大打撃とくらってしまい売上になりません。インターネットだけではお客さんは来る数が圧倒的に少ないと思います。確かにコミックは、久しぶりに読みたいなと思ったら漫画喫茶に訪れてクーラーや暖房が効いた空間で飲み放題のジュースを飲みながら一気に読み漁るというのも至福の時間なのでなくなってしまっては困るというのもあります。

漫画喫茶といえばゲラゲラやマンボーなどが大手ですが、最近では3店舗だけ運営している所などもあったりと需要は増えていると思います。

あと一番気をつけてほしいのは衛生面です。多くの人が訪れ、また終電を逃した人が始発まで仮眠する為に訪れたりします。ソファに汗などが大量に染み付いているようなところで座りたくないのでしっかりと除菌して、コンディション万全にしてほしいと思います。