人間実況を変えた戯画とは心のの場合でずっと生きている

皆さんには人間ライフを左右されたものはあるでしょうか?
尊敬する人間、みじかなドクターだったり、年数上の偉人間です人間が多いのでしょうか?
筆者の場合は小学校の時に見た漫画だ。

もともと、漫画をかわいらしく見極める家事だったこともあり、
それまでも建物に要る時間に漫画がやっていれば粗方見ていました。
それこそ訓練テレビジョンでやる忍たま乱太郎は日毎見ていました(笑)

あんな筆者がはまったのは、シティーハンターだ。
普段はスケベくてだら諦める冴羽?が見せつける真剣な視線、
バトルがはじまったときの強さ!
牧村香とくっつくのか、くっつかないかのヤキモキインスピレーション。
冴羽?は美しくモッコリしていましたから、目下夕刻範囲でプログラムする漫画でしょうが、
当時はまだそんなに調整が激しくなかったんですね。
小学校の筆者はモッコリはよくわかっておらず、さらりと流しておりましたが、
冴羽?が夜這いしたり、お願い者の入浴時なんかにドキドキしていたものです。
お願い者のジレンマを解決してほっとやる逸話、ホロリとする逸話など
見応えがありましたね。

見終わった後の余韻に浸っていると流れて来るエンディング。
エンディングに限らず、入れ込み歌も含め良い曲が多かった!
筆者はエンディングを見ながら思ったのです。
冴羽?のサウンドって誰なんだろう?
これが人間生の転換期だったと今では思います。
そう、筆者は声優追っかけになっていったのです。
漫画を見れば、必ず声優のチェックをして、掲載を増やしていきました。
声優氏のラジオも素晴らしく訊くようになりました。
私の青春時期は漫画と声優氏に捧げていました(笑)
筆者も良い年になり、TPOを弁えるようになったのでパッとみて追っかけだとはわからないように
していますが、やっぱり追っかけ気構えは貫くだ。
増加分、いつまでも追っかけやってると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ