俺得修学旅行の思い出

55年程前のことなのです。高校2年生の俺得修学旅行で日光の方面にバスに乗り行ったのです。

四国の松山から10台位のバスをつらねての大掛かりな旅行となりました。松山商業で、昔から野球の強い「松商」まっしょうの団体行動なのです。

野球部で活躍している男の子は、クラスで2人くらいはいました。同じクラスに私が初めて恋心をもった人がいたのです。修学旅行中、なぜかバスの2人掛けの椅子に座れる事が多かったのです。彼の横に座るだけで、どきどきと嬉しいために、胸がときめくのです。

私の純情な時もあったということなのです。

その頃お互いが好きということが、なんとなく伝わっていて、その直後に修学旅行があったのです。お互いの気持ちが友達から伝わって、その直後修学旅行となり、タイミングとしては良かったのです。

私は何故か不良ではなく、不良っぽい人がすきでした。彼はあまりお喋りはしないタイプです。2人だけになるとお話は楽しくする人です。

そんな彼が好きで好きでたまらなく、私の初恋は、俺得修学旅行を原点としてお付き合いが始まったのです。

現在の私は、お友達もつくれるような人間となりましたが、その頃の私は、意思の疎通が下手なのか、お友達をつくることは苦手でした。
ですから俺得修学旅行で彼と行動できることは、とても楽しくまたせつない気持ちで思いでとなったのです。

あれから数十年の年月が経過してしまいましたが、その初恋の彼は今何をしているかとたまに考えてしまう事があります。これは好きとかではなくただ興味が湧いているだけであって今の主人の事より初恋の相手の事が好きという浮気心ではないのでご理解ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ